tart b+ ~Extra chapter~

浅草にて。

浅草に着き、雷門へ。
信号待ちしているときから何か視線を感じるが
そのときは気にしなかった

雷門へ到着し、記念撮影。
するとS子に男性が話しかけてきた。
気にせず他の三人はそれぞれに写真を撮っていた。

S子:「写真とってって言われた~。私下手やけんかわって~」

「あー、いいよ、いいよ。」と代わって撮った。

撮り終わって「確認してください」とデジカメを返す。


男性:「THANK YOU」


・・・・・え、あなた外国人??
思いっきり日本語で言っちゃいましたけどーーー・・・。
ていうか、どっから見ても日本人ぽい!!うそーん。

そして男性は私にデジカメを見せ

「YOUR FRIEND!」

と言った
そこには雷門に立つMが一人写っていた。

・・・え、これって盗撮??
こここここここわーーーーーーい!!!
あんた誰ーーーー!!!


こわいのでそそくさと立ち去る
しかし、何だかついてきている様子


S子:「あの人駅からずっとこっち見てたよね」
M:「やっぱり?私も思った!」
K:「こわくなーい?」


ええ、こわいですとも。
なんか狙われてんですか。
っていうか、Mは写真撮られてんですけど大丈夫ですか。


とにかく「近づくなオーラ」を出しつつ先へ進む。
長い仲見世通りを店に入りつつ歩いていると
あの男のこともすっかり忘れていた。

浅草寺のお堂の手前に線香のつぼのようなのがある。
体調の悪いところへ線香の煙をあびると
その場所が回復すると言われているので
S子に「あんたは頭にあびなさい」と3人で煙を当てる。


ふと横を見ると、あの男ふたたび!!!
しまった!まだいたんだ!!(泣)
関わると嫌な予感がする。。。


「はやく行くよ!!」とお堂へ。

・・・やっぱり来てる、うしろから。
怖いので無視して参拝。
あー、ナムナム。

目を開けると、S子があの男に話かけられてる!!
(ばかっ!なに捕まってんのよ!!)

耳を澄まして聞いてみるとなにやら参拝の意味を聞いている。
S子は英語がだめなので私に助けを求めてきたが
面倒なので「トイレ行ってくる」と立ち去った(鬼)

しばらくして戻ると、MもKも加わって3:1で話している


(やめてよ~~~もう早く行こうよ~~~~(泣))


やはりMもKも英語が全くだめなので手招きで私を呼んだ。
Mなんて外国へ行っても「私日本人だから日本語でしゃべって!!」というタイプだ。


・・・・面倒だ!!かなりやっかいだ!!!
関わるなってばーー!!!


しかたがないので男の元へ。(以下英語の会話)
私:「どうしたんですか」
男:「これ(おみくじ)はどうやるんですか」
私:「お金を入れてこの箱をかき混ぜて1本ひいてください」

男のおみくじは「吉」だった

男:「これはどういう意味ですか」
私:「(面倒くせえな)あなたの運勢は良い方です」
男:「これはあそこに結ぶんですか」
私:「(知ってんじゃんか)そうです」
男:「結ぶとなにかあるのですか」
私:「(知るかよそんなの)いい事があるようにです」
男:「ところでこの辺においしいお店知りませんか」
私:「私たちは旅行者なのでわかりません」
男:「僕も旅行者でマレーシアからきました。あなたは?」
私:「(んなこと聞いてねーよ)福岡です」
男:「本当?僕も3日間福岡に行ってました。
   福岡のラーメンは最高でした」
私「(しまった。話はずんでしまう・・・)そうですか。」

(この後10分ほど福岡について話した)

男:「ところでこのあとあなた達はどこへいくんですか」
私:「まだ決まっていません(うそ)(なんか嫌な予感・・・)」
男:「明日はどこへいくんですか?ディズニーランドとか?」
私:「(なんだようるせーな)・・・」

そのときS子が「ディズニーランド」という単語だけを聞き取り

「イエスイエス!ディズニーランド!」と言ってしまった。

男:「本当?僕もだけどよかったら一緒にまわりませんか」


ばかぁぁぁぁぁぁ~~~~~~~~~~~~~!!!(泣)


言わんこっちゃない。だから関わるなって言ったんだ。

男:「ホテルはどこ?」
私:「まだ決まってません(うそ)」
男:「明日は一緒に大丈夫?」


い、いやあ・・・・正直嫌です。すいませんが。
あぁ。。こんなとき何て言ったらいいんだろう。。。
最悪だ・・・最悪だーーーー・・・。
ていうか、なんで一人でディズニーに行こうとしてんだ、あんた!!
こわいっしょーーーっ。年は多分40くらいのおっさんだよーー。
(今更英語わかりませんって言ってもなぁ。。。)

どうしていいかわからずうろたえていると
男:「じゃあ、明日ディズニーランドで君たちを見つけたら声をかけてもいい?
   それから一緒にまわれたらまわろうよ」


・・ええええええーっ。どっちもいやだーーーー!!(泣)


この場は早く去りたかったので「はい。」と言ってしまった。
明日絶対に見つからないようにしなくては!!!!

男:「ところで秋葉原ってどうやっていくか知ってる?」
私:「わかりません(うそ)」
男:「東京は初めて?」
私:「はい。(マイルが貯まるほど来てるよ!!)

「そうか、ありがとう。じゃあね~」と満足した様子で男は去った。

私たちはもう帰りの参道でも出会いたくなかったので
そそくさと電車に乗って予定通り夜のディズニーシーへ。
もうこの時すでに精神的にまいっていて
頭の中は明日見つかったらどうしよう。ということばかり。
他3人はのんきなものだった。
とくにS子は「自分は関係ない顔」をしている。
元はといえばあんたが話しかけられるからだよー!!
連れてくんなよーー!!


唯一の救いはホテルを教えなかったこと。
教えていたら同じホテルを取ったかもしれない。。。
(つづく)
[PR]
by aQuee | 2005-03-09 00:34 |
<< その後。 旅の続き。 >>